2011年10月15日土曜日

spモードでVPN接続はできません。

YAMAHA RTX1000の中古をYAHOOオークションで2,980円でGETしました。
せっかくなのでVPN設定してみた。(今のPLANEXのルータは奥さんの実家に設置することに。
NTTからKCNに代わるので新たにルータが必要なので。)
で、VPN設定して、他拠点から自宅のルータにVPN接続できるものの、docomoのspモードでVPN接続できず。(XPERIA ><)
当然、XPERIAをテザリングしてPCにUSBでつないで、PCでVPN設定しても同様でつながりません。

2011/10/15 11:41:27: TUNNEL[01] PPTP connection is established: x.x.x.x
2011/10/15 11:41:27: PP[ANONYMOUS01] PPTP Connect
2011/10/15 11:41:27: PP[ANONYMOUS01] SEND LCP ConfReq in STARTING
2011/10/15 11:41:30: PP[ANONYMOUS01] SEND LCP ConfReq in REQSENT
2011/10/15 11:41:58: PP[ANONYMOUS01] Give up establishing PPP/LCP in REQSENT
2011/10/15 11:41:58: PP[ANONYMOUS01] PPTP Disconnecting, cause [PPP: LCP Timeout]
2011/10/15 11:41:58: TUNNEL[01] PPTP connection is closed: x.x.x.x

http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/1341/Default.aspx にあるあように、spモードでVPN接続は接続できないとのこと。 L2TPをサポートしているVPN装置なら接続できますが、あいにくRTX1000では サポートしていません。 http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/l2tp_ipsec/index.html#support サポート対象は、 RTX810,RTX1200,SRT100の3機種です。

2011年10月8日土曜日

GoogleツールバーのPageRankを取得するためのURLが変更

http://www.suzukikenichi.com/blog/google-pagerank-unavailable-on-3rd-party-tools/
ここにあるように、PageRankのURIパラメータが変更になったようで、サードパティー製のあらゆるページランク取得ツールは、値を取得できなくなった。
ただ、ch値の生成アリゴリズムは変わっておらずただ単にパラメータ名が変っただけのようです。

旧:
http://toolbarqueries.google.com/search?client=navclient-auto&features=Rank&ch=xxxxx&q=info:http://???
新:
http://toolbarqueries.google.com/tbr?client=navclient-auto&features=Rank&ch=xxxx&q=info:http://????

・saerchがtbrに変更になる。
・またアクセス先は、toolbarqueries.google.comで、直値のIPアドレスだとエラーになります。ですのでGoogleの複数サーバへの個別のIPへの問い合わせはできなくなりました。
http://icebar.sco.jp/ で使ってるページランク取得のWWW::Google::PageRank(perl)はとりあえず自分で修正しました。

2011年10月5日水曜日

mono 2.10.6 / opensim 0.7.2 / NPC

mono 2.6.7から最新のmono 2.10.6にバージョンUPしました。

http://mono-framework.com

Osgridに接続しているSIMもリスタートさせて、NPCを呼び出してみると、普通に何事もなく呼び出せました。これで、LSLスクリプトでいろいろBOT操作できます。

http://opensimulator.org/wiki/OSSLNPC

2011年10月2日日曜日

OSgrid OpenSimulator 0.7.2.dev.8caf3ed UPDATEしました。

OSGRIDのOpenSimulator 0.7.2 2011/06/02版から、2011/09/24版(8caf3ed)にUPDATEしました。昨日UPしてみたのですが、何をやってもエラーで起動せず、VmwareのCentOS5.3に入れて試してみましたが同様のエラーで落ちる。今日再度試してみると何のエラーもなく起動。専用サーバの2011/09/24版も同様にエラーなく起動。とりあえず動作したのでOKとします。

ついでに、NPC機能を試してみました。NPCは正しく表示できず、雲ようになってます。><
http://opensimulator.org/wiki/OSSLNPC
(ただし、デフォルトのアバターで試してみると表示するのですが。。)



 

2011年9月30日金曜日

Google Developer Day 2011 Japan アジェンダ

(メモ)
アジェンダ:
http://www.google.com/events/developerday/2011/tokyo/agenda.html

興味のあるセッション:
[クラウド上でイケてるゲームを構築しよう]
[Google+ と +1 ボタン]
[今までにないサイトを作る:HTML5 による最新ウェブアプリ]
Google公式 Androidアプリ:Google Developer Day 2011スケジュール
https://market.android.com/details?id=gdd11.app&feature=search_result

※当初 Androidアプリ優先枠で応募してましたが、当確せず。3,000ダウンロードぐらいのアプリではだめってことかな。>< 仕方がないのでDev Quizをやることに。
さすがに、ウォームアップクイズと、分野別クイズ計100点ではまずいだろうと思って、チャレンジクイズのスライドパズルをちょっとだけ挑戦、3x3,4x4を解答してボーダーライン上で合格。
(11/1には横浜に行きます。楽しみです。)

2011年9月29日木曜日

KCN 3カ月待ち。

奥さんの実家でNTTフレッツ光はやめて、KCNに変更中。
コストダウンのため、KCNに変更なのですが、3カ月待ちとのこと。
(私のところと、実家はK-optiです。)

そういえば、会社のクライアントでもKCNで手こずったことが。
普通WANの接続は、どこの通信キャリアもPPPoEなのですが(と自分は思ってたのですが。)
KCNはDHCPです。ですのでルータを自前で用意する場合は、MACアドレスをKCNに
連絡して登録してもらう必要があります。

今、使用しているルータは古くて、WAN側をDHCPで設定できず、
新たにルータを購入する必要がありそうです
(PC1台しか接続しない場合は、KCNで用意されたもので十分なのですが。)
http://www.kcn.jp/internet/nagare/koji/setsuzoku/

CPU温度35℃ 秋ですね~

自宅キャプチャーサーバ、Fit-pc2ですが、CPU温度35℃,HDD温度37℃。



夏場は、いつも40℃オーバーしていました。ヒートシンク代わりのアルミブロックがないとさらに温度が上昇します。

このFit-PC2は、消費電力が8W/hしかない低消費電力 サーバです。Fit-PC3 は1月に発表があったのですが、その後音沙汰なしでリリースはまだ先のようです。

追記:Fit-PC3 11月15日から受注を開始。 (10/5)

openssl 64ビット版 / smail 64ビット版

smailの64ビット版作成の前にopenssl の64ビット版のライブラリーを作成しないといけないということで、openssl の64ビット版のライブラリーを作成。(自分用メモ)

http://www.openssl.org/source/から、最新ソースコードopenssl-1.0.0e.tar.gzをダウンロードして、
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64に展開

1)コンパイル環境の設定
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\x86_amd64\vcvarsx86_amd64.bat"
Setting environment for using Microsoft Visual Studio 2010 x64 cross tools.

※32bitを作成する場合は、C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\vcvars32.bat"
を実行する。

2)Configure (要ActivePerl,要make)
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>perl Configure VC-WIN64A no-asm --prefix=C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64

※アセンブラ(MASM)があれば、no-asmを外すと、SHA等の計算はアセンブラーコードを使用され速度が速くなります。
まあ、そんなに高速を必要としないので、私はいつも、no-asmを指定。

3)makeファイル作成
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>ms\do_win64a
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>perl util\mkfiles.pl 1>MINFO
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>perl ms\uplink.pl win64a 1>ms\uptable.asm
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>ml64 -c -Foms\uptable.obj ms\uptable.asm
Microsoft (R) Macro Assembler (x64) Version 10.00.30319.01
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
Assembling: ms\uptable.asm
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>perl util\mk1mf.pl no-asm VC-WIN64A 1>ms\nt.mak
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>perl util\mk1mf.pl dll no-asm VC-WIN64A 1>ms\ntdll.mak
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>perl util\mkdef.pl 32 libeay 1>ms\libeay32.def
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>perl util\mkdef.pl 32 ssleay 1>ms\ssleay32.def
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>

3)make
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64>nmake -f ms\nt.mak

※smailにSSLを静的リンクライブラリで実装するので、ms\nt.makを実行する。
DLLを作成したい方は、nmake -f ms\ntdll.makの方を実行する。

4)オブジェクト

C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64\out32にssleay32.lib,libeay32.libが生成される。
C:\work\vc\free\openssl-1.0.0e-64\inc32にopenssl用のインクルードファイルが生成される。

※テストコマンド等も生成される。必要なのは、ssleay32.lib,libeay32.libだけですが、本当に64bitで動作しているのか、openssl.exeを起動して、タスクマネージャで見てみる。



以上で、openssl 64bit版のライブラリーの出来上がりです。

5)SMAILを64bit化する。(64ビットアプリは未公開です。)

・64bit化のため、一部ソースコード修正
・4)で作成した、includeファイル、ライブラリーを指定。

・コンパイル
64bit版のsmail.exe完成、64bitで動作しているか確認。



※正常にSSLでメール送信。
opensslを使ってSSL通信するプログラムは至って簡単で、sslの初期化をしてしまえば、後はソケットディスクリプタをSSLに通すだけです。

2011年9月24日土曜日

Windows 8 / Vmware palyer 4.0 でのインストール

Vmware palyer 4.0が出たらしいのですが、本家サイトを見ても見つからず、ネットで探したら、http://goo.gl/azxjl に4.0.0がUPされていました。
windows版は、http://goo.gl/zG9mB にあります。で、早速Windows 8の64bit版の
WindowsDeveloperPreview-64bit-English-Developer.isoをインストール。
・OSを他の64ビットでインストール

・ゲストOSをWindows 7 x64に変更(Vmware toolsをインストールするため。)
・Vmware toolsのインストール
注)http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1544432.htmlにあるように、
そのままインストールすると画面が真っ黒になります。
カスタムインストールでビデオドライバーをインストールしないようにします。

2011年9月23日金曜日

Osgrid Aska III に東京スカイツリー (その2)

Osgrid Aska III に東京スカイツリーは、巨大すぎて256mx256m x 4つのSIMにはやっぱり合わないので作成中止としました。(そのうちdeleteします。)


左の五重の塔は25m高、下の灯台は20mです。

2011年9月17日土曜日

Windows 8 / Vmware fusion 4 (mac) でのインストール

Crenahtml2jpgがWindows 8で動作するか確かめるべく、Vmware fusion 4 (mac) にインストールしました。
(MAC - bootcampでwindows7 64BITを使っていますが、これ上のVmware player,Virtual boxとかだとインストールできず。mac上のVmware fusion 4 でなぜか上手くインストールできました。)

メトロ画面から、Desktopのタイルアイコンをクリックすると従来のデスクトップ画面が表示されます。この画面で、Crenahtml2jpgを動かしてみる。

問題なく動作しました。またFlashサイトが動くか確認。

Flashサイトも正しくキャプチャーできています。
(ただし、Flashのバックグランド時の2FPSの回避のため、http://www.picolix.jp/blog/general/555/
を適応させました。)

※メトロ版のIE10は、プラグイン非対応でFLASHとか動かなくなるようです。
デスクトップ版IE10はFLASHは動作します。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110916/368794/
試そうと思ったのですが、メトロ版のIE10がどこにあるのか不明><
メトロ画面にIEのタイルアイコンがあるのですが、起動せず。

※しかしなんだかメトロ版&デスクトップ版両方で使いづらいというか
まあ、デスクトップ版は使ってはだめなんですねきっと。タッチパネルがないとメトロ版使う意味ないか・・。なかったらただのボタンですし。

2011年9月12日月曜日

Osgrid Aska III に東京スカイツリー



Osgrid AskaIIIに東京スカイツリーを建造中ですが、プリムをリンクしてもサイズが大きすぎて編集で単一プリムを選択できず、プリムをリンクしては解除の繰り返しです。底面は三角形ですが、地上320mで円となります。※まあ、ぼちぼち作りますが、高さ634mだと、viewerの最大表示が512mなので全貌が表示できず、最終全部作り上げても美しくなく途中でやめるかも。

2011年9月10日土曜日

wordpress 静的html生成プラグイン その2

前回、WordPress静的HTML生成プラグイン [forWEB屋]
http://www.4web8.com/wordpress%E9%9D%99%E7%9A%84html%E7%94%9F%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3
を使い、全ページを静的ファイルに落としましたが、それでも各ページ0.7秒かかっています。
そこで、
make-cache/make-cache.phpの
add_action('init', 'initialize' );
=>
add_action('plugins_loaded', 'initialize' );
に修正したところ、0.4秒になり早くなった。どうも多種のphpファイルのロードとDBへのアクセスに時間がかかっているようです。

せっかく、make-cacheで全ページを静的ファイルに落としているので、他のphpファイルのロードとかDBへのアクセスはまったく必要ないので、一層のこと、トップのindex.phpに強引にmake-cache.phpのinitialize()の内容を追記した。
尚、wordpress関連のphpローディング前なので、wordpress関連の関数は使えません。DBにアクセスしたい場合は自力でアクセスする必要があります。
index.php
---------
if( !preg_match("/nocache/",$_SERVER['QUERY_STRING']) ){
$url = "http://".$_SERVER['SERVER_NAME'].$_SERVER['REQUEST_URI'];
$url = preg_replace("/\/$/","",$url);
if( !preg_match("/\.html/",$url) ){ $url .= "/index.html"; }
//$rooturl = get_option('home');
$rooturl = "http://www.picolix.jp/blog";
$url = preg_replace("#$rooturl#","",$url);
if( file_exists("xxxxxxxxxxxxxxxxxx/wp-content/plugins/make-cache/cache$url")){
$fp = @fopen("xxxxxxxxxxxxxxxxx/wp-content/plugins/make-cache/cache$url","r");
if($fp){
while(!feof($fp)){
$buf = fgets($fp);
echo $buf;
ob_flush();
flush();
}
fclose($fp);
}
}
}

これで、計測すると、0.04秒となり。phpからの静的ファイルread,write時間だけとなり、ものすごく速くなりました。(というか静的ファイルとほぼ同等な速さです。)
ついでに、このページナビゲータ部分のpage_navigation()も修正してmake-cache
も正しく出力してくれるようになりました。
ん~。MT3.2からwordpress3.2.1より、MT3.2から素直に、MT5への移行で良かったような気がしてきた。まあ、wordpressを使うってところに意義があるか・・

2011年9月9日金曜日

google+ 入れたら IE6で「インターネットサイトを開けません 操作は中断され ました」

http://www.picolix.jp/にgoogle+ ボタン設置してたのですが、ふとIE6でアクセスしてみると、
「インターネットサイトを開けません 操作は中断されました」
となり表示できません。で調べてみると、

これだとだめで、

<html><head>
<base target="_top">
<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js">
{lang: 'ja'} </script>
</head><body></body></html>

こちらだとOK

<html><head>
<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js">
{lang: 'ja'} </script>
<base target="_top">
</head><body></body></html>

base targetタグが影響しているようです。(なぜだか不明)
base targetタグは外しました。

wordpress 静的html生成プラグイン

wordpressは、アクセスの度にコンテンツ動的生成し、phpファイルが多数インクルードされます。

ましてプラグインをいっぱい入れていると尚更です。
また、固定ページといえども、DBからデータを取得するので結構、アクセスの多いサイトは、負荷がかかります。
当サイトは普段はそんなにアクセスはありませんが、窓の杜でのバージョンアップリリース記載時には、アクセス過多となり相当な負荷となります。

このサーバは、ブログ以外にOsgrid opensimとかWEBキャプチャーシステム、その他のサービスが普段動いています。ブログアクセスだけで過負荷になるのは悲しい。

そこで、キャッシュプラグインの登場ですが、通常 wp-super-cache を使うと思いますが、これはアクセスがあった時に、キャッシュします。

アクセスの頻度が少なくなるとキャッシュから消えるのですが、MTを使ってた私としては、やっぱり全部静的ページに落としたいところです。

探していたところ、
WordPress静的HTML生成プラグイン [forWEB屋]
http://www.4web8.com/wordpress%E9%9D%99%E7%9A%84html%E7%94%9F%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3
を見つけました。
cacheフォルダーに全部静的ファイルを生成してくれます。(30分かかりましたが。)
静的ファイルができますがこのファイルは、phpから読み込まれて表示されます。
まあ、これで十分だと思います。

※独自改造やプラグインの種類によっては、変換が上手くいかないことがあります。
例)
http://design-plus1.com/2010/10/page-navigation.html
こちらのpage_navigation()を使っていたのですが、このページナビゲータ部分が
正しく生成できなかったので、page_navigation()は使わず。
デフォルトのprevious,nextを使うようにしました。

2011年9月5日月曜日

MT3.2からwordpress3.2.1にブログ変更しました。

自専用サーバなので、あんまり負荷をかけたくなく、MTの静的ページ生成方式の方が好きなのですが、WordPress の方が今はトレンディ―なので、今回MT 3.2からWordPress 3.2.1 にブログ変更しました。ついでにcenazumina.picolix.jpからwww.picolix.jp/blog/に変更。

WordPress 3.2.1 は、phpが5.2.4以上でないとだめで、当専用サーバCentOS5.6のPHPは5.1.6でインストールできず。しかたがないので、PHP5.3にUPDATEすることに。

1) PHP5.3へのUPDATEはこちらを参考にしました。
http://okiraku-server.net/server/2011/05/27178.html

※yum remove php php-*で以前のPHPをアンインストールした場合、PHP5.3には、pearが入っていません。ですので、pear,peclがなくなってしまします。

2) PHP5.3 pearのインストール
http://akabanessa.blog73.fc2.com/blog-entry-129.html

pear,peclが使えるようになります。

3) PHP  imagickの再インストール

PHP5.1.6で使っていたimagick.soがロードエラーしていたので、peclで再インストール。
#pecl uninstall imagick
#pecl install imagick
これで再コンパイルされてモジュールが生成されインストールされる。

4) MTのデータをエクスポートしてwordpressにインポート

必要プラグイン:Movable Type and TypePad Importer
http://wordpress.org/extend/plugins/movabletype-importer/

5) twitterへ自動投稿

必要プラグイン:Simple Tweet
http://wppluginsj.sourceforge.jp/simple-tweet/

MTの時は、自作プログラムで投稿していましたが、今は便利なプラグインがたくさんあり、今回は、Simple Tweetを利用。MTの時は、短縮URLは、goo.glを使っていたのですが、
Simple Tweetには、bit.ly,j.mp,TinyURL,is.gdの4種類あるのですが、goo.glがないので改造。

2011年8月10日水曜日

flash player 10.1 バックグラウンド時の 2FPS 回避方法

回避方法が分かりました。
mms.cfgに「FullFramerateWhenInvisible = 1」を記述すれば良いようです。
[ファイル名] mms.cfg (文字コードはUTF-8)
[ファイル内容]
FullFramerateWhenInvisible = 1
↑の一行(改行して下さい。)を記述。またすでにmms.cfgで他のオプションを記述している場合は、追記して下さい。
(注意:アドビでは、mms.cfgをいじることは推奨しておりません。自己責任でお願い致します。)
[保存場所 ]
 windows xp : C:\WINDOWS\system32\Macromed\Flash
windows 7 32bit : C:\Windows\System32\Macromed\Flash
windows 7 64bit : C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash
※windows 7 64bit版は、flash player 11 beta を使用のこと。
flash player 10.1以降で表示がバックグラウンドに回った時は、2FPSになります。CPUの使用効率を上げるためですが、大きなお世話なんですねこれが・・
http://help.adobe.com/ja_JP/as3/mobile/WS4bebcd66a74275c36cfb8137124318eebc6-8000.html
早速 http://icebar.sco.jp/info/ のWEBキャプチャーサーバのFLASH PLAERを最新10.3.181.34にしてOK。
また、windows 7 64bitのflash player 11 beta(64bit版) + Crenahtml2jpg(64bit版)
でも動作OKでした。
Crenahtml2jpgの64bit版は、32bit版と比較してあまりメリットがないと思うので非公開です。
欲しい方はメール頂ければ、メール送付致します。
[参考URL]
「flash player バックグラウンド 回避」
ん~。このキーワードになぜたどり着かなかったのか。
当初、自分のプログラムが悪いと思って、プログラム関連でのテクニカルタームで検索してた、もっと素直に検索すれば良かったのかも。
1年も前に解がありました。
http://seikatukaizen777.blog7.fc2.com/blog-entry-518.html

2011年8月9日火曜日

Google+1ボタンがIEで折り返されて表示される。

Google+1ボタンがIEで折り返されてしまい、1行に表示できない。
皆さんどうしているのか、ググってみることに。
<g:plusone size="small"></g:plusone>

これでいいはずなんだけど、まだ折り返される。
<div style="display:inline !important;"><g:plusone size="small"></g:plusone></div>

<div style="display:inline !important;"width:30px;"><g:plusone size="small"></g:plusone></div>
これでOK。右空白がtable td枠サイズを超えたため,width:30px;を指定した。
または↓これでもOKです。
<div style="display:inline !important;"zoom: 1;"><g:plusone size="small"></g:plusone></div>

2011年8月6日土曜日

fit-pc2 のCPU温度、HDD温度 & アルミブロック(45mm厚)の放熱効果

fit-pc2の放熱用にアルミブロック(45mm厚)を置いていましたが、
どれぐらい効果があるのか、または無いのか見てみることに。
室温28℃
アルミブロック有
 CPU温度39℃ HDD温度41度
アルミブロック無
 CPU温度43℃ HDD温度47度
fit77.png
置くだけですごく効果あります!内蔵HDDは、fit-PC2の底面にあり、アルミブロックに近いので尚更冷却効果あるようです。
HDDは55℃を超えて運用すると故障する確率がぐんと上がると言われています。
現在の温度はこちら。http://icebar.sco.jp/info/fit.html
※尚、このアルミは、親父の工場でいらないアルミの半端ものを切り出してもらったものです。

2011年8月2日火曜日

fit-pc2のCPU温度、HDD温度測定

CPU温度、HDD温度を表示するツールでGUI画面で表示し、ロギングするツールはあるのですが、コマンドラインで動作するものがなかったのでしょうがないから、
http://www.usefullcode.net/2007/02/hddsmart.html
http://island.geocities.jp/cklouch/cputemp/cputemp.htm
を参考(感謝)にコマンドラインで、CPU温度、HDD温度を取得するプログラムを作りました。
fit-pc2の温度モニター用に、このプログラムをperlから呼び出して、10分毎に呼びす予定。
ちなみに現在の温度は、
====================
C:\apps\temperature>temperatureCPU.exe
39
C:\apps\temperature>temperatureHDD.exe
41
====================
CPU温度:39℃
HDD温度:41℃
室温 :28℃
これならぜんぜん大丈夫かな。
fit-pc2は、筐体自体がヒートシンクの役割をしているので、筐体は、もっと発熱しています。
筐体の下にアルミブロック(45mm厚)を置きました。(親父の工場で、いらないアルミの半端ものを切り出してもらった。今時の工作マシンって金属切るのにぜんぜん音がしないですが・・)


fit2-1.png

2011年7月30日土曜日

自宅WEBキャプチャーサーバ fit-PC2にしました。

fit-PC2 (通常時 消費電力 < 8W/h) [fit-pc2]
CPU :Intel Atom Z510 1.1GHz
OS :Windows 7 Ultimate SP1 (32bit)
Memory :1G
HDD :60G
Windows Aero機能等はすべて無効&チューニングして、自宅WEBキャプチャーサーバ http://icebar.sco.jp/screenshot/として使うことに。
fit2.png

2011年7月23日土曜日

crenahtml2jpg Flash Player 9.x と10.x以降での、バックグランド時の画面表 示速度の挙動。

crenahtml2jpgで、WEBサイトのキャプチャーで、navigate2呼出し後、RunModalLoop(0)で、非表示でレンダリングして、x秒後のWEB画像を取得するようにしているのですが、Flash Player 9.x だと正しく指定した時間後の画像がとれるが、Flash Player 10,x,11.xだと10倍以上の時間を指定しないと取れない。
また、RunModalLoop(MLF_SHOWONIDLE)で、表示すれば、Flash Player 10,x,11.xでも大丈夫なんですが。
プライオリティーを上げてもだめ。
試しに、IEブラウザーでフラッシュサイトをアクセスして、直ぐに最小化したところ、同様に症状に。
自分のプログラムは、悪くなかったんですね。ダメ元で、adobeのフォーラムに投稿。たぶん回答はないだろう・・・。
Flash Player 9.x => 10.xへはハードのアクセレータ使用するようになっていますが、ここらあたりが影響しているのかも。
http://icebar.sco.jp/info/
[2011/7/25] 追記
仕様のようで、2fpsに落ちるとのこと。しかも回避策なし。Adobe Flash CPU 使用率の最小化

2011年6月22日水曜日

リモートデスクトップ コンソール・セッション接続教えてもらいました。

>windowsのリモートデスクトップ接続で、WEBキャプチャーサーバの関連サービスを起動させて、
>その後、リモートデスクトップ接続を切断すると、サービスから起動したCrenahtml2jpgは、
>画像取得で真っ黒な画像しかとれない。たぶんアカウント権限で何かが足りないと思われる。
>で、リモートデスクトップ接続はやめてVNCで接続することにしました。
mstsc /console または、mstsc /admin
↑リモート・デスクトップでコンソール・セッションで接続すればOKでした。
Window XP,windows 2003 Server で症状が出て、Windows Server 2008 では症状がでなかったのは、自動的にコンソール・セッションへ接続されるからです。
参考:
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/519rdcons/rdcons.html
http://blogs.wankuma.com/chuki/archive/2008/05/16/137980.aspx
http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20060821

2011年6月17日金曜日

ICEBAR WEBキャプチャーサーバ & リモートデスクトップ接続

ICEBAR アイスバースクリーンショット のWEBキャプチャーサーバ
は、DELL INSPIRON 1150(中古 ¥6,800)で自宅サーバで運用しています。
普段は、液晶はOFF状態で、消費電力は18Wしか消費しません。月256円です。
電力料金計算はこちら
ブログパーツは、専用サーバにて稼働しています。
windowsのリモートデスクトップ接続で、WEBキャプチャーサーバの関連サービスを起動させて、
その後、リモートデスクトップ接続を切断すると、サービスから起動したCrenahtml2jpgは、
画像取得で真っ黒な画像しかとれない。たぶんアカウント権限で何かが足りないと思われる。
で、リモートデスクトップ接続はやめてVNCで接続することにしました。
そういえば以前にもこんなことが、
http://crenazumina.picolix.jp/archives/000312.html

webkeppers windows vps ライト

キャプチャーサーバを、
webkeppers windows vps ライト 1480/月を借りましたが、
やっぱり過負荷状態であまり良くないので、解約して
Windowsサーバは自宅サーバ(中古品ノート)で運用。
18W(液晶OFF時)で24時間 256円/月でスペックもVPSよりももっといいので。
アイスバースクリーンショット

2011年6月7日火曜日

ICEBAR WEBキャプチャーサーバ復活させました。

・ICEBAR
http://icebar.sco.jp/
・最近つくられたアイスバースクリーンショット
http://icebar.sco.jp/screenshot/
ice32.png
・WEBキャプチャーサーバ
http://snapshot.sco.jp:8001/
ブログパーツのバナーは4年前のものなので、今風にアレンジしないとだめかな・・・

2011年6月3日金曜日

Google +1(プラスワン) 一般公開。

http://www.sem-r.com/news-2011/20110602043254.html
http://www.suzukikenichi.com/blog/you-can-get-google-plus-one-button-now/
g1.png
しかし、昨今いろんなボタン(twitter,facebook,はてな。。。)が張られすぎてなんか醜い状態
になってます。かく言う私も、twitterとはてなは貼ってますが。・・
Googleの+1のボタンは、なんかデザインセンスに欠けると思うのは私だけでしょうか?

Googleペナルティ解除 再審査リクエスト送信その後2

前回、ブログで解除されたことを確認しましたが、
ウェブマスターツールのメッセージで、5/23付けで、
「http://www.picolix.jp/ の再審査リクエスト: 手動スパム処理が取り消されました」
とメッセージがありました。
とうことで、
===
2/xxに手動ペナルティーを受け
5/11に有料リンク広告を外す。
5/12にGoogleへ再審査リクエスト
5/15に解除確認。(ページランクが2->4へ復帰 ただしサーバにより未だ2,4が混在)
5/23にGoogleから手動スパム処理を取り消した旨のメッセージを受信
===
以上です。^^
でも、なぜにこんなマイナーサイトに手動でペナルティーがかけられたのだろうか?
有料リンク広告貼ってたんで、提供元からたどられて一括で半自動で処理されたか、
または、どなたが違反報告を流したかのどちらかと思います。<-これはないか、ぜんぜんアクセス少ないので。
http://www.suzukikenichi.com/blog/matt-cutts-answered-to-your-questions-on-live-stream/

2011年6月2日木曜日

themecraft.net サイトカラー分析

http://themecraft.net/
サイトのカラー分析をしてTOP5のリスト候補と、その色相角度をグラフィックで表示してます。
ついでに、そのサイトのカラー分析から最適なテーマコンテンツのテンプレートがダウンロードできます。
それ以外には、トラフィック量などなど盛りだくさん。
(<ーこれは私的には興味はありません。・・・)
以前、私はICEBARサイトでブログパーツを配信していたのですが、
http://b.hatena.ne.jp/entry/icebar.opentool.jp/
現在、閉鎖中(あまりにもブログパーツからのアクセスがありすぎて閉鎖しました。)
このICEBARは、「ホームページやブログページを自動キャプチャし、その画像から3色のイメージカラーをバーで表現する。」
というもので、キャプチャは自作のCrenaHtml2jpgを利用して、キャプチャーサーバを構築しておりました。
実は別な形で再構築しようとしていたところで、themecraft.net
を見つけた次第です。とってもイメージに近いものです。
サイトの色分析の比較をしてみました。
themecraft.net:Yahooのサイトの色分析
http://themecraft.net/www/yahoo.co.jp
t01.png
ICEBARでYahooのサイトの色分析&アイスバー (ICEBARサーバーは現在非公開です。)
t101.png
themecraft.net:Mariko-shinoda公式のサイト色分析
http://themecraft.net/www/mariko-shinoda.nett02.png
ICEBARでMariko-shinoda公式のサイト色分析 (ICEBARサーバーは現在非公開です。)
t102.png
※ICEBARでは、色相によって人間の感じる重み付けをしているので、
色面積が少なくでも、茶色がトップ1のイメージカラーとなっています。
※Mariko-shinodaのサイトはフラッシュを使っているので、 Crenahtml2jpgでこのサイトを
取得するには、5秒程度のディレイが必要です。

2011年5月21日土曜日

Mono の現状と今後

Mono の現状と今後 作者 Jonathan Allen , 翻訳者 吉田 英人
http://www.infoq.com/jp/news/2011/05/Mono-Future [infoq]
「Mono が Web サイトやバックエンド処理サービスなどのサーバサイドアプリケーションで良好に動作することによって,
SUSE Linux Enterprise を Windows Server の代替とする上で一役買う存在になっているのだ。」
この部分は、大いに期待しています。ある案件で、本当は最終Linuxサーバで作成予定しているのですが、
既存がWindowsサーバでそれに一時的に組み込む必要があり、.NETベースで作成して、
最終それをそのまま、Linuxのmonoで動作させようと思ってます。
幸い、opensim(OpenSimulator 3D のアプリケーションサーバ)のLinux mono 上での
動作経験や実証テストコードも作成して経験がありますので、まずは大丈夫かと。
がしかし、
「Attachmate が Novell を買収したことによって,Mono プロジェクトの今後に暗雲が立ち込めている。」
2011年4月27日 Attachmateはノベルの買収を完了したようで、
Monoプロジェクトメンバーの解雇とのうわさも出ているようです。
「Miguel de Icaza 氏によれば,"このような数字はでっち上げで,何の根拠もない"。同氏は Mono の創立者というだけでなく,Novell の開発プラットフォーム担当副社長という役職にもある。」
とのことですが、今後の動向が気になります。Monoプロジェクト継続されますように。
あるいは、どっか別の安心できるデベロッパーに移管とかでもいいです。
先行きが不透明かつメジャーになりそうにないオープン・ソース開発プラットフォームを
案件に使うなんてどうかしてるってよく私は、他の開発者に言ってましたが、
新技術的な開発案件なら使用トライしても良いですが、今回 自分自身がこれに直面することに・・・。どうしようか。

2011年5月15日日曜日

Googleペナルティ解除 再審査リクエスト送信その後

http://www.picolix.jp/で、2,3月ぐらいに、ページランク4からページランク2
へのGoogleからペナルティを受けておりました。
有料リンク広告が災いしていたようで、リンクを削除後、google ウェブマスターツールの再審査リクエストから
"違反内容の詳細と修正点"の記載内容は、"有料リンク広告を削除しましたので、再審査をお願い致します。"と1行記載し、送信、4日後にページランク4に復帰確認しました。
(まだgoogleのデータセンターにより2と4が混ざっていますが。)
googleからペナルティーを受けると、googleから連絡が来ると言われていますが、ありませんでしたが、(見逃したかも・・)再審査リクエストを受け付けたメールはありました。
やっぱり、よくある有料リンク広告はもうだめかな?
ちなみに、googleデータセンターによってまだPR2,PR4でふらついています。
そのうち、PR4に統一されると思います。
最近のGoogleのデータセンターのIP一覧がないので、nslookupでIPを取得し、ページランクチェックツール(ずーーと昔に作った)にて確認。
C:\>nslookup www.google.co.jp
名前: www.l.google.com
Addresses: 74.125.153.147
74.125.153.99
74.125.153.103
74.125.153.104
74.125.153.105
74.125.153.106
C:\work\contents\pagerannk_check>C:\work\contents\pagerannk_check\grank.pl
74.125.153.147 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.99 http://www.picolix.jp/ Rank=2
74.125.153.103 http://www.picolix.jp/ Rank=2
74.125.153.104 http://www.picolix.jp/ Rank=2
74.125.153.105 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.106 http://www.picolix.jp/ Rank=4
C:\work\contents\pagerannk_check>nslookup toolbar.google.co.jp
74.125.235.137
74.125.235.138
74.125.235.139
74.125.235.140
74.125.235.141
74.125.235.142
74.125.235.143
74.125.235.128
74.125.235.129
74.125.235.130
74.125.235.131
74.125.235.132
74.125.235.133
74.125.235.134
74.125.235.135
74.125.235.136
Aliases: toolbar.google.co.jp
toolbar.google.com
C:\work\contents\pagerannk_check>C:\work\contents\pagerannk_check\grank.pl
74.125.235.137 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=2
74.125.235.138 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=2
74.125.235.139 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.140 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.140 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.142 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=2
74.125.235.143 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.128 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.129 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.130 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.131 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=2
74.125.235.132 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.133 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.134 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=2
74.125.235.135 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.235.136 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
74.125.153.147 http://www.picolix.jp/ 6984028747 Rank=4
C:\work\contents\pagerannk_check>C:\work\contents\pagerannk_check\grank.pl
74.125.153.147 http://www.picolix.jp/ Rank=2
74.125.153.99 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.103 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.104 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.105 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.106 http://www.picolix.jp/ Rank=4
C:\work\contents\pagerannk_check>C:\work\contents\pagerannk_check\grank.pl
74.125.153.147 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.99 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.103 http://www.picolix.jp/ Rank=2
74.125.153.104 http://www.picolix.jp/ Rank=2
74.125.153.105 http://www.picolix.jp/ Rank=4
74.125.153.106 http://www.picolix.jp/ Rank=4
同じIPでも,PR2,PR4で時間によりふらつくのは、ロードバランスされているため。

2011年5月5日木曜日

CrenCam Xperia arcのフラッシュライトサポートしました。

CrenCamアプリで、Xperia arcでフラッシュライトが点灯しませんでしたが、点灯するようになりました。試してないですが、Galaxyも点灯するはずです。
Xperia arcでフラッシュライトの点灯方法をネットで調べてもわからず、Xperia arcでフラッシュライトが点灯するアプリをリバースエンジして分かりました。
簡単すぎです^^。そんなモードがあったのか・・。OFF/ONしか知らなかった。
mCameraPreview.mCamparam.setFlashMode(Camera.Parameters.FLASH_MODE_TORCH);
mCameraPreview.mCamera.setParameters(mCameraPreview.mCamparam);
これだけで点灯します。
ちなみに、Xperia arcは、getSupportedFlashModesで調べるとoff,auto,on,red-eye,torchの5つをサポートしています。
Xperiaは、従来の非公開APIを利用し、SHARPに至っては、SHARPから公開されているAPIを利用しています。

2011年5月4日水曜日

Xperia Arcになりました。

会社から支給してもらっていたXperiaを途中解約して、Xperia Arcにしてもらいました。(感謝^^)
早速、使ってたアプリをインストールしました。Xperiaと比べて動作は体感できるほど早くなっています。
==インストールしたもの。==
1.GingerBreak
 (ルート化用です。)
2.BusyBox installer
 (各種コマンド)
3.アストロ
4.shootme
5.乗換案内
6.HootSuite
7.K-9 Mail
8.RealCalc
9.S2カレンダー
10.My Tracks
11.QRコードスキャナー
12.Compass3D
http://android20092009.blog67.fc2.com/blog-entry-41.html こちらのコードをコンパイルして使ってます。
13.年間カレンダー
 自作。自分用。公開予定なし。
14.XPERIA arc FlashLight
  以前は、XPERIA FlashLightでarcでは動かず、そのかわりにarc専用が出ていました。
15.McCoupon
16.Task Manager
17.CrenaCam
  自作。marketで公開中です。Xperia arcで動くようになりました。
  ただし、フラッシュライトの制御はできず。>< arcでは制御方法 が違うようです。>< 
  XPERIA arc FlashLightはどうやっているのか?
18.Wifiティザーは、こちら。
http://komugi.net/archives/2011/04/25192138.php
<<<メモ>>>
Xperia arcでCrenaCamが落ちていたところは、setParameterでした。
いろいろ調べた結果、surfaceChanged渡ってきた値、854 x 480をセットすると落ちます。そんな~。。
getSupportedPreviewSizes()でサポートされているサイズ以外は落ちるようです。
で、リストアップしてみて、864 x 480にすると動作するようです。
でも、その取得データをビットマップにしてimgview.setImageBitmap(mBitmap);
で表示すると、854 x 480で表示されます。(隙間が・・)まあ特に問題ないのでこのままで。 CrenaCam 0.9.2.5
//---
private Camera mCamera;
private Camera.Parameters mCamparam;
public void surfaceChanged(SurfaceHolder holder,int format,int width,int height){
mCamparam = mCamera.getParameters();
List sizes = mCamparam.getSupportedPreviewSizes();
Size selectSize = selectPreviewSize(sizes, width, height);
mCamparam.setPreviewSize(selectSize.width, selectSize.height);
try{
mCamera.setParameters(mCamparam);
}catch(java.lang.RuntimeException e){
//
}
mCamparam.setFocusMode(Camera.Parameters.FOCUS_MODE_AUTO);
mCamera.setParameters(mCamparam);
startCameraPreview();
}
//一番近いサイズを選択する。
private Size selectPreviewSize(List sizes, int w, int h) {
Size selectSize = null;
long x;
long y;
long scxy = Long.MAX_VALUE;
long tmp_scxy;
for (Size size : sizes) {
x = size.width - w;
y = size.height - h;
tmp_scxy = (x * x) + (y * y);
if (tmp_scxy < scxy){
scxy = tmp_scxy;
selectSize = size;
}
}
return selectSize;
}

2011年4月28日木曜日

CrenaCam 0.9.2.3 バージョンアップ。Xperia フォーカスが合うようになりました。

Xperiaでフォーカスがandroid 2.1にアップしてから合わなかったですが、
http://crenazumina.picolix.jp/archives/2011/04/crenacam_in.html
public void foucsmode(int mode){
 stopCameraPreview();
 if(mode == 0){
   mCamparam.setFocusMode(Camera.Parameters.FOCUS_MODE_AUTO);
 }else{
   mCamparam.setFocusMode(Camera.Parameters.FOCUS_MODE_MACRO);
 }
 mCamera.setParameters(mCamparam);
 startCameraPreview();
}
で、近接と遠距離を切り替えるようにしてフォーカスが合うようにしました。
ただし、setFocusModeは、Android 2.0以降しか使えないので、Xperia 1.6では動作しません。
cre222.png
※Xperia Arcでは落ちます。><

2011年4月18日月曜日

SMAIL v4.12 バージョンアップしました。

SMAIL v4.12 バージョンアップしました。
1.openSSL 1.0.0dにライブラリをバージョンアップ。
2.STARTTLSに対応しました。(Microsoft系メールサーバに対応)
http://dip.picolix.jp/page3.html
http://dip.picolix.jp/free/soft/SMAIL.pdf

2011年4月5日火曜日

Crenacam この色: in 浜松市フラワーパーク

浜松市フラワーパーク行ってきました。
Crenacamで色を採取。
*Xperia のAndorid 2.1 UPDATE1ですが、なぜか自作Crenacamのピントが合わなくて、ピンボケに
なってしまった。><
フォーカスで一旦はピントが合うが、撮影するとボケる。何か仕様が変わったのだろうか?
snap20110403_133547.png
snap20110403_134228.png
snap20110403_134920.png
snap20110403_135117.png
snap20110403_135202.png
snap20110403_135246.png
snap20110403_135310.png
snap20110403_135646.png